削皮術のメリット・デメリット

刺青の入った深さまで皮膚を薄く削り取っていく刺青除去方法として、削皮術(アブレーション法)と呼ばれるものがあります。削皮術によるタトゥー除去にはどのようなメリットがあり、どのような場合に向いているのでしょうか?
削皮術には、レーザーでは除去が難しい赤や黄色などの色が入ったタトゥーも、除去することができるというメリットがあります。削皮によって墨が薄くなった皮膚にレーザー照射を行って、より効果を高める施術を行う場合もあります。
また、削皮術は縫合を行わないので、ツッパリ感や痛みなどの症状が比較的少なく、例えば背中いっぱいに入れたような広範囲の刺青も除去することができます。また、タトゥーの入っている範囲をぼかすように削るので、傷跡は残っても、刺青の形や柄はわからなくなります。そのため、それがタトゥー治療の傷跡だということは、まわりから見た目には分からないというメリットがあります。
削皮術が向いているのは、切除ができないような大きな刺青や、レーザー治療で効果が期待できないような刺青です。特に薄い色の刺青や浅く入っている刺青には、削皮術が向いており、カラフルな刺青でも薄い色のものであれば、1回の削皮手術でかなりの刺青を除去することが可能です。
削皮術のデメリットは、傷の回復に時間がかかること、やけどやあざのような傷跡がの頃場合があることなどが挙げられます。ただし、それらをカバーする治療を行っているクリニックもありますので、削皮術を検討する方は、カウンセリングで事例の写真などを見せてもらい、よく確認するようにして欲しいと思います。